転職では資格がある人が有利と言われることがよくあります。

求職者に求める要件に応じて質疑応答の重きを置く点の異なる面接

就職面接と資格の関係

転職では資格がある人が有利と言われることがよくあります。しかし、新卒の学生の場合、資格を問われることはあまりありません。ですから、資格を何も取得していないからと言って、自分を恥じる必要はないです。もちろん、面接に受からなくなると言うわけでもありません。とは言え、在学中に何かの資格を取得したと言う人は、せっかくなのでそれをアピールしましょう。しかし、資格をたくさん取得していても、難易度が低いものばかりではアピールにはなりません。単純に資格を持っていればいいと言うわけではないと言うことを肝に銘じておきましょう。

就職面接では、資格を取得したことも多少は評価されますが、取得するまでの努力の過程が重視されます。つまり、何々の資格を取得したと言うだけではあまり意味がありません。その資格を取得するまでに1日何時間勉強したか、どう言う勉強法をしたかを語るようにしましょう。学生生活と資格取得の勉強を、両立するのが難しかったと言うようなエピソードは高評価を得やすいです。また、まだ資格を取得していないが、勉強中と言うこともあるでしょう。まだ合格していないから言っても仕方ないと考えてはいけません。努力していると言うアピールになります。

Copyright (C)2017求職者に求める要件に応じて質疑応答の重きを置く点の異なる面接.All rights reserved.