入社試験における面接の大切さは、新卒の場合も、途中入社の場合も同じものと考えて良いでしょう。

求職者に求める要件に応じて質疑応答の重きを置く点の異なる面接

就職試験や転職試験での面接は第一印象を良く

入社試験における面接の大切さは、新卒の場合も、途中入社の場合も同じものと考えて良いでしょう。中途入社の方が、厳しく見られると言う印象ですが、企業が欲しい人間像は、どこまでも同じです。それは、第一印象が悪くては、99%試験に受からないと言うことです。印象が悪いと言うことは、大きな欠点を持っていると表れになります。その大きな欠点が、企業のダメージになりかねないと判断された時点で、その人の面接は、終わってしまうでしょう。そんなこともあり、面接試験では第一印象を出来るだけ、良くする方法を考えるべきです。

その第一印象を与えるもの、それは髪型であり、メガネであり、髭剃り跡であり、服装であり、靴になります。面接官は、一瞬でその姿を見ることになり、採点をします。どこかに減点はないのかと、印象を計ることになります。次ぎには、態度、視線等のスタイルを見ることになり、ここでもダラダラしている、背中が丸いなどの欠点探しが、始まります。

その欠点探しも、最好調になる時は、言葉使いと声の大きさ、ハッキリと話すことが出来るのか、と言った会話になります。互いの意思疎通が出来るのか、口ごもることはないのかと言ったこともないようにしましょう。面接官は、マイナス探しが得意な人が多いと考えましょう。

Copyright (C)2017求職者に求める要件に応じて質疑応答の重きを置く点の異なる面接.All rights reserved.