実は面接官は、書類の内容や受け答えの内容よりも、印象を重視するケースが多いです。

求職者に求める要件に応じて質疑応答の重きを置く点の異なる面接

面接官にいい印象を与えるためにできること

実は面接官は、書類の内容や受け答えの内容よりも、印象を重視するケースが多いです。その人と一緒に仕事がしたいかどうかという観点で人材を選別するのが人間の当たり前の傾向だからです。ですから、個性的な回答ばかりに終始するのではなくて、自分の素直さやおもしろさ、明るさをアピールしていくといい結果が生まれやすいかもしれません。面接官にいい印象を植え付けることを目的に、練習でもいろいろなことに気をつけていくといいでしょう。たとえば、姿勢一つにしても印象は大幅に変わります。しゃきっとした姿勢でしっかりと相手の目を見て返答をするだけでも、猫背で目をそらしての受け答えより圧倒的に印象はよくなります。

明るい声でハキハキとしゃべることも重要ですし、ビジネスマナーをきちんと心得ておくことも重要でしょう。ノックの仕方から、椅子への座り方まで、実はいろいろとマナーがあるものなのは知っておくべきです。身だしなみでも印象アップは達成できます。オーダースーツを作って完全に自分の体にフィットさせておけば、姿勢はさらによく見えることでしょう。いい服は、その人の見た目の印象を大きく変えてくれます。明るく健康的で活動的に見えるかどうかは、実は服装も重要なファクターとなるわけです。

Copyright (C)2017求職者に求める要件に応じて質疑応答の重きを置く点の異なる面接.All rights reserved.