面接官はさまざまな質問を求職者に対してしてきます。

求職者に求める要件に応じて質疑応答の重きを置く点の異なる面接

事前に想定しておくべき面接官の質問とは

面接官はさまざまな質問を求職者に対してしてきます。求職者の瞬発力を試す突飛な質問もあれば、昔からよくあるオーソドックスなタイプの質問もあります。突飛なものに対してはあまり事前準備の意味がありませんが、オーソドックスなものについては事前に考えたかどうかで結果が変わるケースが多いです。ある程度の質問にはきちんと模範解答で返せるように準備をしておくのがいいでしょう。

まず、自己PRはほとんど必ずと言っていいほど求められます。一番最初に聞かれるパターンが多いので、これをしっかり決められるかでリラックスできるかどうかも変わってくるでしょう。きちんと分かりやすく、無駄なく情報を網羅し、少しユニークな掴みを用意しておくのが理想的です。あまり変なことは言わなくても大丈夫です。個性はそれ以外の質問の際に発揮することができます。経歴に弱点があるなら、それについてはしっかりカバーできるよう答えを用意しておく必要があります。たとえば、浪人をしたとか、大学中退をしたとか、勤めていた会社を自己都合で辞めたという場合には、その点についてマイナスにならないようなカバー対応が求められます。嘘はいけませんが、納得できる前向きな理由があれば最高です。

Copyright (C)2017求職者に求める要件に応じて質疑応答の重きを置く点の異なる面接.All rights reserved.