面接では仕事の内容によって聞かれることには違いがありますが、基本的な質問というのは同じであることが多いです。

求職者に求める要件に応じて質疑応答の重きを置く点の異なる面接

面接で聞かれる基本的な質問

面接では仕事の内容によって聞かれることには違いがありますが、基本的な質問というのは同じであることが多いです。たとえば面接ではまず基本的に聞かれるのが学歴や職歴のことで、転職となれば学歴よりも職歴を集中的に質問される事が多くなっています。転職では職務経歴書というのを提出するようになりますが、この職務経歴書について具体的な職歴を聞かれるようになります。また他には資格のことを聞かれることも多くなっており、就職そして転職とどちらでも仕事に役立つような資格というのは面接でのアピールにすることができます。

面接で聞かれる質問には他にも転職であれば退職理由、そして就職と転職両方に聞かれる質問に志望動機というのがあります。他にも仕事の希望というのも聞かれる事があり、仕事をする時間帯や曜日そして仕事をしたい場所などを聞かれたりします。また面接では最後に逆質問というのがありますので、反対に会社やお店など求人先に聞きたいことを質問されるのも基本になっています。アルバイトやパートの面接では特にありませんというのが多いですが、正社員などであれば待遇面のことやスキルアップのことなどこれから仕事をする上で聞きたいことを聞いておきましょう。

注目度がUPしている求人は、このホムペがお勧め♪

Copyright (C)2017求職者に求める要件に応じて質疑応答の重きを置く点の異なる面接.All rights reserved.